2006/01/29

第2回Rollei35Owner'z写真展 テーマ「雨」

IMG_0059
今日は、銀座のBARで行う写真展の搬入をした。
ローライ35ファンMLというグループの写真展で、ローライ35で撮影した写真ばかりだ。
展示スペースのバーがちょっと変わっていて、写真機商の免許を持っていて中古カメラも少しあった。
開催場所等は、以下のとおり。

第2回Rollei35Owner'z写真展 テーマ「雨」
------------------------------------------------
 せっかくの休日なのに天気は雨・・・・
 カメラ持って出掛けるのをやめてしまったことはありませんか?
 そんな日でも写真を楽しんだ人達の写真展です。」

 歴史的名機Rollei35のオーナーによる第2回Rollei35Owner'z写真展
 テーマ「雨」を下記の要領で「Camera&Bar Antiquary」で
 開催いたします。

              記

展示期間:2006年1月28日(土)~2月24日(金)
場所:  Camera&Bar Antiquary(アンティクアリィ)
http://www.h3.dion.ne.jp/~bt-st/
     東京都中央区銀座7-2-14
     第26ポールスタービル2F
     TEL. 03-6215-8881
営業時間:Mon. ~ Fri. 16:00 - 24:00
     Sat. 16:00 - 22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/25

ローライB35試写

FH000027
ローライB35の試写の現像が出来た。ISO400のフジカラーを現像し、面倒だからFUJICOLOR CDも頼んだ。Canonのフラットベッドスキャナも有るのだが、少々の出費を惜しんで便利さをあきらめることはない。ちょっと構図は今一つだが、色は綺麗だ。出来上がったプリントを見ると、やはりフィルム独自の質感の良さがあるように思う。もっとも業者のプリントは、フィルムスキャナでデジタル画像に変換してプリントしているのだから厳密な意味でのアナログではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

ローライB35

P1000892
前から欲しかったローライB35を買った。デジタルカメラはAE、AFや連写の性能を求めて買い、撮影枚数も年間9,000枚以上になる。しかし、たまに使うフィルムカメラも魅力がある。せっかく使うので、ストラップを自分なりに工夫した。輪の大きさを変えられるだけでなく、一番伸ばした状態で最短撮影距離の90cmになるように作った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

TAMIYAのミニカー

IMGP0018
田宮模型から発売されている「 1/64 コレクターズクラブ」のミニカーをコンビニで買った。なかなかよく出来ている。全日本GT選手権のミニカーでは安い方だ。ただ残念なことに、今年度活躍したフェアレディZはなく、いずれも2003年の車だ。
今回もカメラは*ist DS、レンズはフレクトゴン35mmである。絞り込んで長時間露出を行うと、アンダーになるようだ。デジカメなので画像を確認して撮りなおせばよい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/29

*ist DS購入

IMGP0005
安かったのでPENTAX *ist DSを購入した。写真のフィギュアは「東京オートサロン キャンギャル芳香剤」で、オートサロンで売れ残ったのか、地元のジェームスで買った。「萌え」というのは立派なビジネスモデルとして成立すると思うのだが、レース・クィーンやキャンペーン・ガールを撮影する客層と、萌えフィギュアを買う客層とはあまり重ならずに失敗したのではなかろうか。
今回撮影に使ったレンズは、CARL ZEISS JENA DDR MC FLEKTOGON 35mm/f2.4である。最短撮影距離が 0.2mなので、*ist DSで使うとマクロレンズと同等になる。現在所有しているレンズをデジタルカメラで使うためには、EPSON R-D1も必要なのだが、こちらは高価なために買わないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/12

Super GT

suzuka16
全日本GT選手権は海外公式戦が2つになったので、Super GTへと変わることになった。スケジュールは以下のとおりの発表があった。

Round1 3.26土, 27日 TIサーキット英田(岡山)
Round2 5.3火, 4水 富士スピードウェイ(静岡)
Round3 5.21土, 22日 上海サーキット(中国)
Round4 6.25土, 26日 セパンサーキット(マレーシア)
Round5 7.23土, 24日 スポーツランドSUGO(宮城)
Round6 9.3土, 4日 ツインリンクもてぎ(栃木)
Round7 9.24土, 25日 富士スピードウェイ(静岡)
Round8 10.15土, 16日 オートポリス(大分)
Round9 11.5土, 6日 鈴鹿サーキット(三重)
All-Star 12.10土, 11日 カリフォルニアスピードウェイ(USA)
合同テスト 4.10日, 11月 富士スピードウェイ (静岡)
*リニューアルオープンデー

行こうと思えば5戦は行けるのだが、それはちょっと廃人人生な気もする。今回の写真は、試しに年賀状のデザインを考えたので貼った。実際にはあまり使わず、普通の年賀状を出すと思う。さすがにこのデザインでは上司に出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/09

全日本GT選手権(60)

suzuka14.jpg
GT300で総合優勝したM-TEC NSX。限りなくGT500に近いNSXだったのだが、最終戦では空気取り入れ口までGT500風のものがついている。ちょっとなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/04

全日本GT選手権(59)

suzuka13.jpg
A'PEX with aprのA'PEX i-mobisess MR-S。GT300のトヨタ車はMR-SからFRのセリカに乗り換えたチームがあるので、今では2台だけである。ズームレンズの倍率を他の車に合わせると、必然的にMR-Sは小さく写る。この小さなミッドシップは、ガソリンの量によってバランスが違ったりと色々とくせのある車だったらしい。それをエンジンを縦置きにするなどの改良を加えて性能向上を図ったそうだ。しかしセリカもMR-Sも遠からずトヨタのラインナップから消える運命にあるらしい。もちろんスープラはすでにないのだが、そうなるとどうするのだろうか。
ところで「全日本GT選手権」という名称も今年が最後らしい。もちろん国外でもレースをやるからだが、どのような名前になるのだろうか。富士スピードウェイのホームページでは、「新国際GTレース」と書かれてある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/02

立体交差

suzuka12.jpg
全日本GT選手権で鈴鹿に行ったのだが、是非とも見てみたかったのがこの立体交差だ。デグナーカーブの第2コーナーもどのように難しいのか見てみたかったのだが、それは次回のお楽しみとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/01

全日本GT選手権(58)

suzuka11.jpg
TEAM Leyjunのレイジュン・ダンロップ320R。これもマッハ号と同様にVEMACのマシン。VEMACのホームページに掲載されている開発ストーリーは、感動ものである。VEMACのマシンは鈴鹿からGT500にも参戦しているので、今後の活躍を期待している。世界的に自動車会社の統廃合が進んでいるが、このような小規模のメーカーがどんどん個性的な車を作ってくれると車好きとしては嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧