2006/03/31

Super GT(131)

200_0393
何というか、Super GTらしいトランスポーターだ。雑誌「でちゃう!」でちゃう!ガールズがそのままレースクィーンになるらしい。ピットで活躍するレースクイーンの人数は限られるが、でちゃう!ガールズ自体は数えたら102人いるので大所帯だ。


ところで、ココログの仕様変更で困っている。アップロードされた画像が横450pixelでサムネイル表示されることは設定どおりなのだが、元画像が相変わらず強制的に横800pixelに縮小されてしまう。
@niftyメールサポートセンターに問い合わせて返答があったのだが、どう読んでも実際に試して検証していない。
どなたか、解決方法がわかった方はアドバイスをしていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/10

D1GP(104)

D2X_4844
5枚目 D1ギャル

車の写真ばっかりだと雰囲気が出ないので、このような写真も入れた。キャンギャルは嫌いではないのだが、あまり撮っていない。1/800sec,F4で撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

Super GT(65)

dsc_8354
Super GTで常連のDUNLOPキャンペーンガールがカレッツァ板橋に来ていた。10分ほど見たが、観客は30人弱だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

Super GT(61)

D2X_1045
Super GT第4戦のレース結果が発表された。

順位 No.  マシン               ドライバー
1  37  DYNACITY TOM'S SUPRA  片岡 龍也/山本 左近
2  39  デンソー サード スープラGT アンドレ・クート/ロニー・クインタレッリ
3  36  DYNACITY TOM'S SUPRA  土屋 武士/ジェームズ・コートニー
4  06  エッソウルトラフロースープラ 脇阪 寿一/飯田  章
5  12  カルソニック インパル Z     ブノワ・トレルイエ/井出 有治
6  08  ARTA NSX            伊藤 大輔/ラルフ・ファーマン
7  22  モチュール ピットワーク Z   ミハエル・クルム/柳田 真孝
8  01  ザナヴィ ニスモ Z        本山  哲/リチャード・ライアン
9  25  ECLIPSE ADVAN スープラ  織戸  学/ドミニク・シュワガー
10 35  イエローハットYMSスープラ  服部 尚貴/脇阪 薫一
11 38  ZENT セルモ スープラ     立川 祐路/高木 虎之介
12 21  ノマド フェラーリ 550GTS   黒澤 琢弥/光貞 秀俊
13 32  EPSON NSX          松田 次生/アンドレ・ロッテラー
14 34  BANDAIスープラ        荒  聖治/横溝 直輝
15 03  G'ZOX・HASEMI・Z       金石 年弘/エリック・コマス

ネット上で盛り上がっているDYNACITY TOM'S SUPRAが、「有終の美」を飾った。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/07/23

ORC ALL STAR DRIFT Match(11)

D2X_2218
一部に受けのいいキャンギャルの写真(笑)。今回は、ORCレーシング・レディ。ところでレース・クイーンという用語は、海外でも一般的なのだろうか。逆に日本では使われていないアンブレラ・ガールの方が、一般的な表現ではと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/17

ORC ALL STAR DRIFT Match(07)

D2X_2428
河村隆一選手との対戦で敗れた小園ひろみ(ヒロミ)選手。イベントポスターでは大きく扱われていたが、残念ながらマシントラブルもあって今一つの結果に終わった。しかしながら、車がレッカー移動される際にもギャグを披露して観客を楽しませていた。鈴木学さんと織戸学選手による実況放送が掛け合い漫才のようだったので、その場の雰囲気に合っていた。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/09

ORC ALL STAR DRIFT Match(01)

D2X_2395
エビスサーキットで開催されたORCオールスタードリフトマッチに行って来た。写真の顔ぶれは、ドミニク・シュワガー、土屋圭市、河村隆一、飯田章とこれだけ見ると何のイベントだかよくわからない。入場料2,000円と安かったが、二本松駅から無料送迎バスが出ていてサービスも良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/17

Super GT(50)

D2X_1695
友人のリクエストに答えて、イリジウムのイメージガールの画像を貼る。しかしこの写真では胸が写っていないので、好みかどうか判断出来ない。解決策は、イベント会場で脚立を使うことだ。レースの撮影でも脚立を持参している人は少なくない。Nikon vs. Canonではないが、脚立の世界も二段or三段の選択を迫られる。どちらを買おうか相談したところ、知り合いのプロの方から、「両方買って使い分ける。たとえば電車での移動は二段、車での移動は三段」という貴重な意見をいただいた。脚立の値段は、地元のホームセンターでは二段1,300円、三段2,050円と両方買ってもそれほど負担ではない。とりあえず二段を買って、最近買ったマンフロットの一脚#449にレンズとカメラを付けて、乗ってみた。一段目は余裕で大丈夫、二段目は少し一脚が短いが概ね大丈夫といった具合だった。#449は全長179cmなので、これより長い一脚というと限られるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/16

Super GT(49)

D2X_1094
Super GTに競技規定車両規定はもちろんあるが、レースクィーンにも規定があるらしい。そちら方面のHPを見ていくと、1台あたりRQは4名らしい。ところが実際にはもっと多いチームがあり、どうやらRQの人数が少ないチームから権利を譲り受けるらしい。大らかな規定だが、それで華やかになるのだからいいのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/18

Super GT(19)

GT0687
Super GTでNikon D2Xを使ってみて、性能に満足している。車を撮影するのに、高画素だからクロップモードも使えて便利だ。しかしモデル撮影をしてみて、当たり前のことに気がついた。高画素ということは、ピクセル等倍で見ればシミ・シワ・毛穴も確認できるということだ。興味のある方は、フォトアルバムに入っている同じ写真を見て確認していただきたい。家族写真でこれをやっても喜ばれないだろう。
ところで、サーキットにはレースクィーン、イメージガール、キャンペーンガールの類はどれぐらいの人数が集まるのだろうか。そっちの世界は疎いのだが、興味はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧