2005/07/24

Super GT(61)

D2X_1045
Super GT第4戦のレース結果が発表された。

順位 No.  マシン               ドライバー
1  37  DYNACITY TOM'S SUPRA  片岡 龍也/山本 左近
2  39  デンソー サード スープラGT アンドレ・クート/ロニー・クインタレッリ
3  36  DYNACITY TOM'S SUPRA  土屋 武士/ジェームズ・コートニー
4  06  エッソウルトラフロースープラ 脇阪 寿一/飯田  章
5  12  カルソニック インパル Z     ブノワ・トレルイエ/井出 有治
6  08  ARTA NSX            伊藤 大輔/ラルフ・ファーマン
7  22  モチュール ピットワーク Z   ミハエル・クルム/柳田 真孝
8  01  ザナヴィ ニスモ Z        本山  哲/リチャード・ライアン
9  25  ECLIPSE ADVAN スープラ  織戸  学/ドミニク・シュワガー
10 35  イエローハットYMSスープラ  服部 尚貴/脇阪 薫一
11 38  ZENT セルモ スープラ     立川 祐路/高木 虎之介
12 21  ノマド フェラーリ 550GTS   黒澤 琢弥/光貞 秀俊
13 32  EPSON NSX          松田 次生/アンドレ・ロッテラー
14 34  BANDAIスープラ        荒  聖治/横溝 直輝
15 03  G'ZOX・HASEMI・Z       金石 年弘/エリック・コマス

ネット上で盛り上がっているDYNACITY TOM'S SUPRAが、「有終の美」を飾った。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/12/12

Super GT

suzuka16
全日本GT選手権は海外公式戦が2つになったので、Super GTへと変わることになった。スケジュールは以下のとおりの発表があった。

Round1 3.26土, 27日 TIサーキット英田(岡山)
Round2 5.3火, 4水 富士スピードウェイ(静岡)
Round3 5.21土, 22日 上海サーキット(中国)
Round4 6.25土, 26日 セパンサーキット(マレーシア)
Round5 7.23土, 24日 スポーツランドSUGO(宮城)
Round6 9.3土, 4日 ツインリンクもてぎ(栃木)
Round7 9.24土, 25日 富士スピードウェイ(静岡)
Round8 10.15土, 16日 オートポリス(大分)
Round9 11.5土, 6日 鈴鹿サーキット(三重)
All-Star 12.10土, 11日 カリフォルニアスピードウェイ(USA)
合同テスト 4.10日, 11月 富士スピードウェイ (静岡)
*リニューアルオープンデー

行こうと思えば5戦は行けるのだが、それはちょっと廃人人生な気もする。今回の写真は、試しに年賀状のデザインを考えたので貼った。実際にはあまり使わず、普通の年賀状を出すと思う。さすがにこのデザインでは上司に出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/09

全日本GT選手権(60)

suzuka14.jpg
GT300で総合優勝したM-TEC NSX。限りなくGT500に近いNSXだったのだが、最終戦では空気取り入れ口までGT500風のものがついている。ちょっとなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

FIA GT選手権とJGTCが協力へ

Crash.net Japanによると、両者が協力関係になって将来的に共同開催のレースをやるそうだ。GT選手権のややこしいレギュレーションも、シンプルになるのだろうか。今でも日本では集客力があるのだが、FIA GTとのコラボレーションともなればもっと集まるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/04

全日本GT選手権(59)

suzuka13.jpg
A'PEX with aprのA'PEX i-mobisess MR-S。GT300のトヨタ車はMR-SからFRのセリカに乗り換えたチームがあるので、今では2台だけである。ズームレンズの倍率を他の車に合わせると、必然的にMR-Sは小さく写る。この小さなミッドシップは、ガソリンの量によってバランスが違ったりと色々とくせのある車だったらしい。それをエンジンを縦置きにするなどの改良を加えて性能向上を図ったそうだ。しかしセリカもMR-Sも遠からずトヨタのラインナップから消える運命にあるらしい。もちろんスープラはすでにないのだが、そうなるとどうするのだろうか。
ところで「全日本GT選手権」という名称も今年が最後らしい。もちろん国外でもレースをやるからだが、どのような名前になるのだろうか。富士スピードウェイのホームページでは、「新国際GTレース」と書かれてある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/02

立体交差

suzuka12.jpg
全日本GT選手権で鈴鹿に行ったのだが、是非とも見てみたかったのがこの立体交差だ。デグナーカーブの第2コーナーもどのように難しいのか見てみたかったのだが、それは次回のお楽しみとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/01

全日本GT選手権(58)

suzuka11.jpg
TEAM Leyjunのレイジュン・ダンロップ320R。これもマッハ号と同様にVEMACのマシン。VEMACのホームページに掲載されている開発ストーリーは、感動ものである。VEMACのマシンは鈴鹿からGT500にも参戦しているので、今後の活躍を期待している。世界的に自動車会社の統廃合が進んでいるが、このような小規模のメーカーがどんどん個性的な車を作ってくれると車好きとしては嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/29

インテグラ

suzuka10.jpg
全日本GT選手権と同時開催のインテグラのワンメイクレース。この塗装は、GT300のセリカと同じだ。この写真は、FF車の特徴がよく出ている。スピードが出ているヘアピンでは、内側の後輪が浮いて回転が止まる。それだけフロントタイヤに負担がかかるのがFFで、好き嫌いが別れるところである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/28

全日本GT選手権(57)

suzuka09.jpg
今回の撮影ポイントはヘアピン出口にした。ここで撮影すると、左向き・正面・右向きの写真が座席移動なしに撮れるので便利だった。blogに掲載する際に、車が左向きの写真ばかりにならないようにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/27

全日本GT選手権(56)

suzuka08.jpg
偶然撮ったのだが、ちょうど「黒い三連星」だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧