« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

D1GP(98)

D01_3354
2005 D1ストリートリーガル エキジビション第2戦筑波で優勝した#31 一柳和人選手の白い180SXと、ベスト8の#24 中村大介選手のS15シルビア。1/40secで撮影したので、ブレている。
D1公式HPで、2月4・5日に開催される「D1SLの見どころ」が紹介されていた。今日は4日前だが、参加選手の発表は無かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/29

HDD増設

IMG_0063
ダウンロードしたデータを保存するためのHDDが一杯になったので、新しく増設した。今回はUSB2.0接続のものを使ってみた。ご覧のとおりとてもシンプルなものだが、性能は良かった。
HDBENCHで早さを確認したところ、以下のようになった。

HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず

Read Write RRead RWrite Drive
51174 48878 8855 23073 C:\100MB

Read Write RRead RWrite Drive
22750 14725 14031 9374 K:\100MB

Read Write RRead RWrite Drive
33773 26855 19161 13484 F:\100MB


Cドライブは、serial ATA接続の300GB、KドライブはIEEE1394接続の300GB、そして今回増設したFドライブがUSB2.0接続の300GBだ。かつてはUSB2.0接続だとCPU負荷が大きいのでパフォーマンスは落ちるという説があったが、今のところそんな感じはしない。ちなみにCPUは、Pentium D 830 (3.0GHz*2)だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第2回Rollei35Owner'z写真展 テーマ「雨」

IMG_0059
今日は、銀座のBARで行う写真展の搬入をした。
ローライ35ファンMLというグループの写真展で、ローライ35で撮影した写真ばかりだ。
展示スペースのバーがちょっと変わっていて、写真機商の免許を持っていて中古カメラも少しあった。
開催場所等は、以下のとおり。

第2回Rollei35Owner'z写真展 テーマ「雨」
------------------------------------------------
 せっかくの休日なのに天気は雨・・・・
 カメラ持って出掛けるのをやめてしまったことはありませんか?
 そんな日でも写真を楽しんだ人達の写真展です。」

 歴史的名機Rollei35のオーナーによる第2回Rollei35Owner'z写真展
 テーマ「雨」を下記の要領で「Camera&Bar Antiquary」で
 開催いたします。

              記

展示期間:2006年1月28日(土)~2月24日(金)
場所:  Camera&Bar Antiquary(アンティクアリィ)
http://www.h3.dion.ne.jp/~bt-st/
     東京都中央区銀座7-2-14
     第26ポールスタービル2F
     TEL. 03-6215-8881
営業時間:Mon. ~ Fri. 16:00 - 24:00
     Sat. 16:00 - 22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

D1GP(97)

D2X_4533
D1ストリートリーガル第1戦のエントリーが、ドリフト天国オフィシャル携帯サイトで一部発表された。エントリーするビッグネームは野村謙、植尾勝浩、末永正雄、寺崎源、岡村和義、一柳和人、ドリフト侍選手らしい。
上の写真は昨年のエビスで撮った野村謙選手のD1SL車輌だ。
D01_3025
この昨年の筑波で撮った野村謙選手のD1車輌と、外観はあまり差がない。馬力も近いので、大きな違いはハンドルの切れ角と乾燥重量らしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/26

D1GP(96)

D01_3744
2005 D1GP第7戦筑波決勝選手紹介直後の今村陽一選手。レース中はヘルメットを被って運転するので、こうやって顔がはっきりわかるのは珍しい。今売りの「Option」で、チームORCの今村選手のZの写真が掲載されていた。FD3Sでの雄姿も、筑波が最後だったのだと改めて思った。そういえば織戸選手のスープラも廃車になったらしいので、昨年は両車の活躍を生で見られて幸せだったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/25

Super GT(123)

D01_1549
久しぶりにdirexiv motorsportsの direxiv ADVAN 320Rの写真を載せたら反応があったので、2005最終戦鈴鹿決勝の写真も掲載する。鈴鹿は、今思い出しても大変な天気だった。
ところで芳賀美里監督のブログには、「ディレクシブ来年はGP2とGT300の他に日本では、もう一つ新しいカテゴリーに挑戦することになりそうです。」と書いてあった。果たしてどんなカテゴリーなのか、興味がある。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/24

D1GP(95)

D01_3412
2005 D1ストリートリーガル エキジビション第2戦筑波優勝の一柳和人選手。D1ストリートリーガル開幕戦まであと10日ほどだが、参加者募集は続いている。D1公式HPでは、「D1SLライセンス制度のお知らせ」が発表された。第1・2戦は参加資格なしだが、D1SL単独開催なのでうまく参加者数が増えるか興味のあるところだ。D1SL上位入賞者にはD1GP出場権が与えられるようだ。既存のD1選考会とどのように共存していくのかわからないが、うまく機能してほしい。D1GPを頂点とするピラミッド構造が成立するためには、多くの参加者が必要だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

Super GT(123)

D01_2137
2005 Super GT最終戦鈴鹿のGT300 #86 JLOC ムルシェ RG-1。途中からGT500からGT300に変更したが、今期はノーポイントだった。それでも色々な車が参戦するのがGTの醍醐味なので、今後の活躍を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

Super GT(122)

D01_0190
Super GTの開幕戦が3/18,19に鈴鹿で始まる。行こうか悩んでいるのだが、職場の同僚に教わったスーパーホテルはすでに満室だった。写真は昨年の最終戦鈴鹿の予選で撮影したディレクシブ・モータースポーツのVEMACで、手堅く1/200secで撮影した。最終戦鈴鹿は決勝が大雨で絵になったので、予選の写真はほとんどブログに使わなかった。
ディレクシブの社長兼監督の芳賀美里さんはこのブログの検索ワードでも常にトップクラスだが、本人のブログが開設されていた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/01/21

D1GP(94)

D01_3645
2005 D1GP第7戦筑波準々決勝、#7 熊久保信重選手のGDBと#6 川畑真人選手のS15。
これは1/15secで撮影した。私の好みとしては少しぐらいブレていても低速で撮影してスピード感がある写真の方がドリフトらしさが出ていていいと思うが、個展で見せる時は出来るだけブレの少ないものを選ぼうと思う。
今期は熊久保・田中選手らのチーム・オレンジに、末永直登選手も加わるらしい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/20

D1GP(93)

D01_3903
2005 D1GPシリーズチャンピオンの風間靖幸選手。2位の末永正雄選手との最終戦準々決勝の直接対決は、先行する風間選手のミッショントラブルで失速したことによる接触で末永正雄選手の勝ちとなった。しかし接触の際の車のダメージで、末永選手は準決勝を棄権した。総合ポイントで風間選手が1ポイント上回ったので、シリーズチャンピオンとなった。たしかに後味のよくない勝ち方ではあったが、不可抗力だったと思う。しかしこれに納得していない人もいて、別のところで私の書き込みに反論された方もいた。
D1公式ページの「追走トーナメント」の解説には、次のようなくだりがある。

>先行のマシンがわざとスピードを落として、後追いのマシンのドリフトを戻らせてしまうというテクニックもある。

先行はヘアピンの進入速度、ドリフト開始のタイミング、走行ライン、立ち上がりのポイント及びタイミングといったことに変化をもたせて駆け引きを行う。その結果として、風間選手が後追いで追突して負けることもあった。
ルールに問題点がまったくないわけではないが、風間選手が全7戦中3勝したのは事実だ。
私は素直に「おめでとうございます」と云いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/19

D1GP(92)

D01_3080
2005 D1GP第7戦筑波、#13 手塚強選手のBNR32。いつもながら立派な白煙だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/18

SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

17_70_28_45_dc
SIGMAのAPS-Cサイズのデジタル一眼レフ用交換レンズ17-70mm F2.8-4.5 DC MACROが発表された。最短20cmで最大倍率1:2.3というのは、今までのAPS-Cサイズのデジタル一眼レフでは撮影出来なかったことが出来るようになる。しかしAF-S 18-70mmとAF-S18-200mmを持っているので、接写のみでこれを買うのは難しい。接写が出来る標準ズームなので、ミニカーを大量に撮影することなどがあれば是非とも欲しい。絞込み測光・手動絞りのMC FLEKTOGON 35mm/f2.4を使うよりは、遥かに便利だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

D1GP(91)

D01_3125
2005 D1GP第7戦筑波での#16 松川真二選手の180SX(RPS13)。今年の選考会で受かって、初参戦のオートポリスが4位、2戦目の筑波で決勝進出とは凄い。
ドリフト天国のミニカーで、180SXは複数入手した。少しの改造とペイントで、D1車輌を作ろうと思えば作れるのだからありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/16

D1GP(90)

D01_3359
2005 D1ストリートリーガル エキジビション第2戦筑波ベスト4、#18 浅野英之選手のPS13。おそらく、前戦の富士でD1に使った車輌だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

祝50,000件突破

D01_2960
おかげさまで、ユニーク・ビジターのカウンターが50,000件を突破した。普通のカウンターならば95,000件ほどだが、自分が見てもカウントされるのでユニーク・ビジターにしている。50,000人が私のブログを見てくれたことになるのだが、内容が偏っているので常連は少ないかも知れない。まあこれからも、マイペースでやっていこうと思う。
写真は前々回に引き続き2005年D1ギャルの近藤和美さんだ。ちょうど拍手しているようなポーズだったので、掲載した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカン・グラフィティ

american昨日は少し時間があったので、たまっていたDVDから「アメリカン・グラフィティ」を見た。実売で800円以下のバーゲン・プライスだったので買ったのだが、60年代のアメ車もたくさん出てきてよかった。
車の映画といえば、今年は「ワイルド・スピード3 TOKYO DRIFT」が公開される。この映画がヒットすれば、ドリフトももっと注目されるだろう。「ワイルド・スピード2」は、友達と映画館で見た。「ワイルド・スピード3 TOKYO DRIFT」が公開される際には、声をかけてみようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/14

D1GP(89)

D01_3331
2005 D1ストリートリーガル エキジビション第2戦筑波準優勝の#12 三上正実選手のRPS13と、ベスト8の#6 浅本昌俊選手のS15。このエキジビションの予選には、32名が参加した。
2月4日(土)・5日(日)、熊本県・DECセキアヒルズで行われるD1 STREET LEGAL Round 1 SEKIAにはいったい何名のエントリーがあるのか、興味がある。公式ページのエントリー用紙によると、第1戦に限っては申し込み締め切りはない。会場が九州のDECセキアヒルズなので、ストリートリーガルとはいえ遠征費用は安くない。さすがに九州は行けないが、成功してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D1GP(88)

D2X_4846
前回の書き込みに引き続き、キャンギャルも入った写真を再確認している。やはり車が入っていないと組写真としての繋がりが希薄になると思うので、上のカットで数枚撮ったものから選ぼうと思う。写真はD1ギャルの近藤和美・菅谷はつ乃。考えてみれば、D1はSuperGTほどキャンギャルが多くはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

D1GP(87)

D01_2951
個展に使う写真を選んでいるのだが、キャンギャルが入ったものも検討している。この道はとても極めた方々が多く、ほとんど撮らない私にはウィーク・ポイントだ。キャンギャルで決まった写真を撮るならば、笑顔・車・パラソル・青空あたりは不可欠だ。Super GTに行ってもピット・ウォークに参加したことがない私にとっては、縁遠い世界だ。
とりあえず、上の写真とは別のものが車も写っていたので候補にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/11

MOA美術館(03)

IMG_0032
庭の寒椿もちょうど雪を被っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

MOA美術館(02)

IMG_0031
MOA美術館ではちょうど雪が残っていたので、こんな景色が撮れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

MOA美術館(01)

IMG_0036
先日、熱海の友人に会いに行った。時間があったので、前から行きたかったMOA美術館に行ってきた。国宝・重文が多いだけでなく、美術館全体で和と洋が調和していてとても良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

D1GP(86)

D2X_5503
D1GP & D1SLSuper GTの暫定スケジュールが発表された。
すべて行くのは不可能だし、今年は日程も重なっていた。思えばD1GPを見に行ったのは、Super GTで活躍している織戸・谷口選手も出ているからだ。上の写真は昨年のエビスサーキットでのD1GPだが、両者の対決も見られた。両選手ともD1GPよりは本業を重視して、スーパー耐久を優先してきた。したがってD1GPとSuper GTでは、Super GTを優先するだろう。両選手を見られないのは残念だが、あの鈴鹿でD1GPが開催されるならばそちらを優先したい。
とりあえずは、以下のレースに行けるように努力しよう。

4/15-16 D1SL 福島・エビス
4/29-30 D1GP D1SL 菅生
5/3-4 Super GT 富士
5/13-14 D1GP D1SL 富士
8/26-27 D1GP D1SL 福島・エビス
9/9-10 D1GP 鈴鹿
10/21-22 D1GP 富士

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D1GP(85)

D01_3210
2005 D1GP Rd.7 松井有紀夫選手のBMW M3(E36)。この車輌を見てずっと疑問に思っていたのは、ORCオールスタードリフトマッチでドミニク・シュワガー選手が乗った車輌かどうかだ。1月5日にD1公式ページで紹介されて、同じ車輌だとわかった。
D2X_2697
2枚目の写真は、ORCオールスタードリフトマッチでドミニク・シュワガー選手が乗っていた時の決勝戦の様子だ。この時は車の調子が悪くてまともなドリフトが出来なくて優勝したが、松井有紀夫選手はまともなドリフトをやっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/06

D1GP(84)

D01_3509
2005 D1GP Rd.7決勝6位、吉岡稔記選手のAE86。手前にスピンした斉藤太吾選手のJZX90が大きく写っているために、失敗写真かと思った。よく見ると、吉岡選手がメインなのでこれでいいと思う。
この写真は、1/40secで撮っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/04

D1GP(83)

D01_3382
2005 D1ストリートリーガル エキジビション第2戦筑波で優勝した一柳和人選手の白い180SXと、ベスト4の三浦大悟選手の赤い180SX。D1ストリートリーガルは、来年から本格的に始まるカテゴリーだ。初戦のセキアヒルズと第2戦のエビスは単独開催なので、どれくらいの集客があるのか興味がある。
例によってレタッチの練習を兼ねて書き込んでいるが、最近登録している写真はどれも3月の個展で展示することはない。11月に撮影したものだから、もっと早く書き込んだ方が良かった。ちょうど仕事が忙しいのに自宅のパソコンが逝ったのと、10月30日の日光サーキット in お台場、11月5・6日のSuper GT最終戦、11月20日のD1GP最終戦、11月23日の白煙番長決定戦・いか天100回大会・同OB戦を撮ったという今にしてみればとんでもないスケジュールだった。
とはいえせっかく撮ったのだから、遅れて書き込むことにした。しばらくは、このパターンで書き込みを続けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/01

D1GP(82)

D01_3184
D1GP Rd.7決勝9位、山下広一選手のRX-8。S2000にRX-8と、珍しく新車が活躍した。
せっかくの休みなので、フォトレタッチの練習を兼ねて登録した。アンシャープマスクのかけ方が、今ひとつかも知れない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Super GT(121)

D01_1405
昨年の6月から12月までの検索ワードで、人物だけを集計してみた。

熊倉淳一 334
芳賀美里 52
水畑力 47
脇阪寿一 43
柴原眞介 36
末永直登 33
風間靖幸 31
松井有紀夫 31
小園ひろみ 20
野沢巧 14
新井敏弘 13
三上正実 10
佐久間達也 9
今村陽一 9
古口美範 9
脇阪薫一 8
河村隆一 8
末永正雄 7
織戸学 6
ドリフト侍 6

このブログの話題で関心を集めた人物は、Super GTにおいて暴行事件で解任された熊倉淳一元監督、レースクイーンから転身した芳賀美里監督、D1で事故を起こした水畑力選手、ルマン参加を断念した脇阪寿一選手、Super GTで事故を起こした柴原眞介選手、車を盗まれた末永直登選手といったところだった。こう書くと芳賀美里監督以外は、明るい話題ではない。熊倉淳一元監督は、復権を期待したい。芳賀美里監督は、一度は撮影してみたい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

D00_4112
明けましておめでとうございます。
今年はD1、Super GTそれぞれに変化の年のようで、同日に別の場所での開催もあるようです。
今年もよろしくお願いします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »