« 祝30,000件突破 | トップページ | Super GT(94) »

2005/09/27

Super GT(93)

D00_0835
Super GTのルールも改正されて、危険行為に対するペナルティは厳格に処分されるはずだった。しかし、追突した場合に適用されるペナルティも接触しなければどんな危険行為でも適用されないのだろうか。
問題は、モチュール ピットワーク Z 柳田真孝選手の危険走行で起きた。

被害者側の織戸学選手のブログから引用する。

「スタートは9番手から、1コーナーで2台くらい抜きいい感じでAコーナーに入ったが、イン側から、とても止まりきれない、曲がりきれないスピードで22号車の柳田が突っ込んできた。
もし俺がよけなかったら、2台とも大クラッシュ。
俺はおかげでコースの外まで避けて、最後尾まで落ちてしまった。
その後なんのペナルティーもなく、そうとうな損害を受けたのに、GTのルールが全く理解できない。
やってらんない。
あれが許されるなら、きっちりとやり返すよ俺は。はっきり言って。
ってゆうようなくだらない話しになってしまう。
もうそんなんじゃレースじゃないよ。
本当にむかつく。
ドライバー交代後、すぐにNISMOピットへ行き、柳田にすぐに俺のピットに呼び出した。
彼はなんの話ですか?更に腹がたった。
俺のピットに来た時は、モチロン自分のやったことは理解しており、言い訳はあんなに止まらないとは思いませんでしたと。非常にプロとして理解に苦しむ言い訳。
レースだからモチロンこんな事は当たり前だが、最近GTの新しいレギュレーションで、押し出したり、接触はすぐになんらかのペナルティーが与えられる。
前回のドミも同じ事だから。
俺がコースの外まで避けたのに、自分からはなんの挨拶もない彼の行動、それをそのままでは納得できない。
実際、彼は第1戦岡山で周回遅れでありながら、同じ500のNSXをはじきとばしているし、なんで?
と思ってしまう。まーしょうがないか?」

これに対してNISMOのホームページは、とんでもないコメントを掲載している。

「予選10位からスタートした#22 Zの柳田真孝は、オープニングラップで8位につけると、クリーンかつ力強い走りで上位車グループに追従して行った。」

いったいどこが「クリーンな走り」だったのだろうか。

|

« 祝30,000件突破 | トップページ | Super GT(94) »

」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
柳田選手のブログから飛んできました。
私も今回のこと(GT富士)で、柳田選手を少し見損ないました。
それとnismoも。
まだ日記で謝罪の意を表明しているだけ、寿一選手の方がマシだと思いました。
それに比べて、柳田選手と来たらまったく反省の色も見えませんし。
髪を短くすればいいというような問題ではないと思います。

そしてこのような事実は隠してしまったnismoもどうかと思います。
それと、どう見てもクリーンなバトルには見えません。
クリーンなバトルというのは、今回の次生選手vs立川選手のようなバトルをいうのではないでしょうか?

では、いきなりやってきて長々とすみませんでした。
失礼しました。

投稿: 3205 | 2005/09/28 14:21

3205さん、丁寧なコメントをしていただきありがとうございます。
今では柳田選手のブログのトラックバックは削除されたので、私のところへ飛んでくることは出来なくなりました。
ぶつけなければ何をやってもよいのかといえば、「ノー」でしょう。
レーサーは、命がけの走りをしていると思います。しかし相手の選手もレーサーとしての自覚をもってレースに臨んでいなければ、どれほど危険なことでしょう。
富士スピードウェイは太田哲也選手のフェラーリが炎上し、何も行動しないオフィシャルに対して山路選手が命がけの救出を行った場所でもあります。山路選手のレーサーとしての自覚があったからこそ全日本GT選手権は存続し、今日のSuper GTがあるのだと考えています。過去に様々なことがあった富士スピードウェイで、選ばれたレーサーが走るということの重みを自覚していただきたいと願っています。
二世レーサーの柳田真孝選手には、「Legend Inheritor」(伝説を継ぐ者)という呼び名があるそうです。私は、柳田選手がその呼び名にふさわしい選手になってもらいたいと思います。

投稿: inish | 2005/09/28 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40481/6145115

この記事へのトラックバック一覧です: Super GT(93):

« 祝30,000件突破 | トップページ | Super GT(94) »