« ORC ALL STAR DRIFT Match(14) | トップページ | Super GT(64) »

2005/07/27

Super GT(63)

P1000680
第4戦 決勝レース総合結果では、GT300の#0 EBBRO M-TEC NSXは2位になっている。しかしながら、ポイントランキングでは加算されていない。理由は、「公式通知No.25」によって以下の裁定が下されたようだ。

>※No.0のチーム監督による競技役員に対する暴力行為に対し、大会審査委員会から罰金30万円、本大会の取得シリーズポイント抹消の裁定が下された。

上の文章は「第4戦 決勝レース総合結果」に書かれていて、後に削除されたものだ。
これを受けての株式会社M-TEC(無限モータースポーツ)のコメントは、以下のとおりだ。

> 【お詫び】
>
>7月25日 お詫び
>
>7月24日、SUPER GT 菅生大会に於いて、大会審査委員会より出されました「公式通知No.25」にあります裁定を重く受け止め、弊社としましてはチーム監督である熊倉淳一のチーム監督解任を同日付けで決定しましたので、お知らせ致します。
>
>関係者の皆様にはご迷惑をお掛けいたしましたこと深くお詫び申し上げます。
> 以上

現時点での問題点は、以下の3点だ。

1. 「公式通知No.25」が公開されていない以上は、#0 EBBRO M-TEC NSXのポイント抹消について説明責任を果たしていない。
2. 熊倉淳一監督の処分の前に、公の場で弁明する機会が与えられていない。
3. 次戦で#0 EBBRO M-TEC NSXに今回2位だった分のウェイトハンディが加えられるのか、まだよくわからない。

今回の裁定は、どうもすっきしないように思われる。

|

« ORC ALL STAR DRIFT Match(14) | トップページ | Super GT(64) »

」カテゴリの記事

コメント

笑っちゃいけないのですが、ゲンコツで頭を小突いたらしいですね^m^
業界では割りと同情的な意見が多いみたいですね。
火事場の野次馬にクルマ壊されたら私だって怒ります。

投稿: アムリョ | 2005/08/06 00:55

オフィシャルの対応のまずさを棚に挙げて、逆ギレしているように思えます。
かつて太田哲也さんのフェラーリが炎上した際に、山路選手が命がけで救出しました。ところが近くにいたオフィシャルは消火器があるのに車中で電話をかけているだけだったそうです。怒って山路選手が車を蹴ると、太田選手の救出よりも車を蹴られたことの抗議を優先しました。
http://www.r-style.to/980503/jikorep2.htm#7yamaji

今回のもオフィシャルの言い分だけで処分が決まったような、不公平感があります。

投稿: inish | 2005/08/06 07:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40481/5176361

この記事へのトラックバック一覧です: Super GT(63):

« ORC ALL STAR DRIFT Match(14) | トップページ | Super GT(64) »