« Super GT(23) | トップページ | Super GT(25) »

2005/05/23

Super GT(24)

織戸学選手の2回目のドリフト走行。1回目より多くの駒数を撮影できた。このドリフト走行というのも進歩しているそうで、今では後輪を激しくスピンさせながらドリフトをしているのでこのように煙が出るそうだ。
D2X_1725
5/4 11:29:29.1撮影
D2X_1726
5/4 11:29:29.3撮影
D2X_1727
5/4 11:29:30.0撮影
D2X_1728
5/4 11:29:30.8撮影
D2X_1729
5/4 11:29:32.0撮影
D2X_1730
5/4 11:29:32.2撮影
D2X_1731
5/4 11:29:32.4撮影
D2X_1732
5/4 11:29:32.9撮影
D2X_1733
5/4 11:29:33.6撮影
D2X_1734
5/4 11:29:34.2撮影
D2X_1735
5/4 11:29:34.4撮影
D2X_1736
5/4 11:29:34.6撮影
D2X_1737
5/4 11:29:34.8撮影
D2X_1738
5/4 11:29:35.0撮影
D2X_1739
5/4 11:29:35.9撮影
D2X_1740
5/4 11:29:36.0撮影

やはりこういった連続撮影は、デジタル一眼レフでないと難しい。撮影時間が等間隔でないのは、ファインダーを見ながらシャッターチャンスを選択したからだ。レリーズを押しっぱなしにしてもいいのだが、RAWでの連続撮影可能枚数が17枚なのでコーナーの曲がり始めで使い切っても意味がない。このドリフト走行は撮影している人が意外と少なく、Super GTの客層にはそれほど受けないのかも知れない。D1グランプリも機会があれば、撮影してみたい。

|

« Super GT(23) | トップページ | Super GT(25) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40481/4251166

この記事へのトラックバック一覧です: Super GT(24):

« Super GT(23) | トップページ | Super GT(25) »