« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/29

インテグラ

suzuka10.jpg
全日本GT選手権と同時開催のインテグラのワンメイクレース。この塗装は、GT300のセリカと同じだ。この写真は、FF車の特徴がよく出ている。スピードが出ているヘアピンでは、内側の後輪が浮いて回転が止まる。それだけフロントタイヤに負担がかかるのがFFで、好き嫌いが別れるところである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/28

全日本GT選手権(57)

suzuka09.jpg
今回の撮影ポイントはヘアピン出口にした。ここで撮影すると、左向き・正面・右向きの写真が座席移動なしに撮れるので便利だった。blogに掲載する際に、車が左向きの写真ばかりにならないようにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/27

全日本GT選手権(56)

suzuka08.jpg
偶然撮ったのだが、ちょうど「黒い三連星」だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全日本GT選手権(55)

suzuka07.jpg
今回がGT500初参戦であるTEAM R&D SPORTのVemac R&D DUNLOP 408R。エンジンはM-TECが仕上げたNSXと同じもののようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/25

全日本GT選手権(54)

suzuka06.jpg
今回がラストランとなったAUTO STAFF RACINGのNSC・AUTO-STAFF・ADVANシルビア 。
予選決勝の成績を見ると、この車よりも遅いポルシェは少なくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

全日本GT選手権(53)

suzuka05.jpg
GT300のマッハ号。些細なことだが、マッハ号の三船剛選手は原作のアニメに忠実で、オープンフェイスのヘルメットを着用していた。
ココログだと画像が小さいので、フォトアルバムに未加工の画像を12枚ほど追加登録した。よろしければご覧いただきたい。今回はAdobeRGBで撮影した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

全日本GT選手権(52)

suzuka04.jpg
11/21 14:58撮影。ヘアピンでのエッソの豪快な追い越し場面。アウト・イン・アウトは基本だが、内側の芝生が舞い上がるほどに極端なラインで追い越して行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本GT選手権(51)

suzuka03.jpg
今回は今一つ盛り上がらなかったと思うのだが、その原因はエッソの予選順位が13位とかなり低かったからだ。それでも挽回しようと必死の走りをしていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/11/22

全日本GT選手権(50)

suzuka02.jpg
結果はカルソニック IMPUL Zが優勝、そして年間チャンピオンは本山 哲/R.ライアン組のザナヴィニスモZが獲得した。期待されていた脇坂選手はリタイアで、今年は1勝もせずに終了した。

| | コメント (0)

全日本GT選手権(49)

suzuka01.jpg
全日本GT選手権の最終戦である鈴鹿サーキットに行ってきた。今回は仕事の都合で、決勝のみの観戦だった。土曜の夜に夜行バスで池袋駅を出発して6:40に白子駅、そして7:00の臨時バスで鈴鹿サーキット正面ゲート、そのまま入場して歩いてヘアピン出口に座って一日観戦した。そしてレース終了後はそのまま名古屋まで戻って1泊して帰った。鈴鹿サーキットのレイアウトの都合上、正面ゲートから入ってヘアピンまで行くと途中にはグッズ売り場、イベント会場、レストランなど一切ない。したがって鈴鹿サーキットそのものの感想は、あまりないのが残念だった。
写真を見ていただければわかると思うのだが、今回はシャッタースピードを少し低速にして流し撮りにも挑戦した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/18

ファンジン

fantasy.jpg
半年以上かかって作っていた同人誌がやっと刷り上った。とりあえずコミケには間に合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/17

Panasonic DMC FX-7 (3)

zP1000153.jpg
海にかかった「ヤコブの梯子」。このような撮影では、液晶に方眼の線を表示することが出来るこのカメラは使いやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Panasonic DMC FX-7 (2)

zP1000143.jpg
そこでカメラ本体で+1.0EV補正して撮ったのがこの写真。かなり飛んでいるが猫はとにかく写った。この場合では、+1.0EVでは補正過多だったようだ。猫が左を向かなければ話は違ったかも知れないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Panasonic DMC FX-7

zP1000142.jpg
Panasonic DMC FX-7を屋外で使ってみた。写真の猫は黒くつぶれている部分が多いが、右の人物は白く飛んでいる部分がある。どうもCCDのサイズが小さいために、ラチチュードが極端に狭いように思える。IXY DIGITAL400の画像の方が扱いやすそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/14

全日本GT選手権(48)

orido.jpg
本日放送された「激走! GT」を見たところ、織戸学選手は前半を走って1位でピットインしたとのこと。今シーズンはあまりポイントを稼げていないのだが、タイヤやマシンにハンディがあろうとも結果を出すことが出来たのは素晴らしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅弁(2)

ultra2.jpg
この駅弁には、表紙の解説記事がわざわざ印刷されている。読んでみるとちょっと恥ずかしいけど面白い。

こんな時はアキちゃんが作ってくれた「箱根防衛弁当」を食べてパワーアップ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅弁(1)

ultra1.jpg
昨日買った駅弁だが、「帰ってきたウルトラマン箱根防衛弁当」という長い名前の弁当である。
製造者は、小田原の(株)東華軒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/11

全日本GT選手権(47)

garaiya2.jpg
GT300のランキングトップは、なんとARTAガライヤに。余談だが、私はARTAのフリースを持っている。理由は簡単で、菅生の時に寒かったので特売品を購入した。
鈴鹿へ行く準備はだいたい済んだ。往きのチケット、帰りの新幹線チケット、名古屋の宿泊予約、ついでに夕食は山本屋本店の味噌煮込みうどんを食べることまで考えている。
しかし、決めかねていることが一つだけある。それは、帰りの鈴鹿サーキットから名古屋駅までの交通手段だ。F1によく行く写真仲間に聞いたところ、6km離れた白子駅まで歩くというとんでもない答えが返ってきた。さすがにそこまでの根性はないのだが、出来るだけ早く名古屋に戻って味噌煮込みうどんを食べて宿で休みたい。
どなたかいいアイデアはないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/06

デジカメ購入

qP1000044.jpg
Panasonic DMC FX-7が安くなっていたので購入した。大きい液晶は見やすいし、手ぶれ補正も効果があるようだ。
全日本GT選手権にNikon D70を持って行くが望遠を付けたままにするので、標準はこれで済ませるつもりだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/11/01

全日本GT選手権(46)

xanavi1.jpg
GT第6戦のオートポリスはザナヴィニスモZが優勝して、ポイントランキングは本山 哲・R.ライアン組がトップになった。これを追う脇阪寿一・飯田章 組のエッソウルトラフロースープラは、12ポイント差の3位と苦しい立場になった。織戸学・D.シュワガー組が久しぶりにポイントを獲得したり、2位に入ったJ.デュフォア・A.クート組のデンソー サード スープラGTがポイントランキングでも2位に入るなど、順位はめまぐるしく変化した。最終戦の鈴鹿は、ザナヴィ ニスモ Z、デンソー サード スープラGT、ECLIPSE ADVAN スープラの三つ巴の戦いとなるが、2位と11ポイント差のザナヴィニスモZが有利だろう。鈴鹿だからNSXが優勝して、年間優勝は必然的にザナヴィニスモZというパターンも考えられる。
写真は、もてぎで撮影したもの。何とか鈴鹿は行けるように、都合をつけているところである。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »