« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/25

写真撮影

esso5.jpg
全日本GT選手権の写真を撮影していて、じつは流し撮りにこだわっていない。もちろんこの写真だって流し撮りになってはいるのだが、流し撮りの作品というのはもっと低速のシャッタースピードで撮影したものである。そうすると当然のことながら、歩留まりが悪くなる。上手い人が流し撮りをした写真と並べて比較すれば、当然のことながら絵的にスピード感は流し撮りした方がある。しかし、一般の人々がどこまで流し撮りにこだわって写真を見ているかは疑問がある。この他にもレンズのボケ味といったマニアにしか理解されないようなことが写真の世界では色々とある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/24

全日本GT選手権(45)

111-70.jpg
9/5 13:59撮影。スターティンググリッド最後尾のNo.70とNo.111のポルシェ。全日本GT選手権のルールでウェイトハンディよりも不思議なのは、予選落ち車両の決勝レース出走だ。いずれも予選通過基準タイムをオーバーしたのだが、「No.70及びNo.111(第1ドライバー)の出走嘆願書提出に基づき審議した結果、決勝レースへの出走については決勝日朝のフリー走行結果により大会審査委員会が判断する。」ということで決勝レースに出走出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/23

全日本GT選手権(44)

takata3.jpg
ここに写真を登録する際に、Nikon Capture Editor、Adobe Photoshop Elements、Adobe Photoshop CSのいずれかを使って加工する。今回の写真は、前回登録したものと同じ画像をAdobe Photoshop Elementsの「自動色調補正」を使って補正してからトリミングしたものである。色としてはたしかに実車に近いのだが、天気の悪さは前回の方が表現できていてあの時のイメージに近い気がする。どのあたりで良しとするかは、難しいところである。

次回のオートポリスは行けないが、鈴鹿には行くことにした。残念ながら仕事の都合で決勝のみの観戦で、池袋から一人で夜行バスで行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/20

全日本GT選手権(43)

takata2.jpg
9/5 08:21撮影。童夢レーシングチームのTAKATA童夢NSX。今期の成績は今一つだが、日本のスーパーカーといえば、童夢ゼロが子どもの頃に人気があった。8月のPokka 1000kmでは優勝したので、オートポリスでは期待したい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/18

全日本GT選手権(42)

rx7.jpg
テレビ東京の「激走! GT」を毎週欠かさず見ているのだが、レースの合間は現役レーサーがコメディアン並みのトークを展開して、カート対決などの企画が放送される。特定のレーサーのファンには面白いのだろうが、もっと車そのものを特集して欲しい。3大メーカーとオートバックスのARTA以外はあまり取り上げていないように思える。
写真はRE雨宮レーシングのRX-7。プライベートながらパイプフレームでボディを作るなど、凝ったマシンである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/17

オート三輪

3rin.jpg
長野県の道の駅に、未だ現役のオート三輪が駐車してあった。かつて漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両さんが、オート三輪のスロットカーを操作してコーナリングでこけたことがあった。もちろんコーナーを攻めるのには向いていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RAV4オフ

rav4off.jpg
久しぶりにWorksRAV4のオフに参加した。今回はD70を持って行ったがあまり撮影しなかった。AdobeRGBの使い方を未だに理解していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉旅行

shika.jpg
温泉旅行で長野県を走っていると、なんとカモシカが前を横切った。車を停めて撮影していると、さらにもう1頭が横切って行った。カモシカもクマと同様にエサ不足なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/16

2005年FIA GT選手権

Crash.Net Japanによると、2005年FIA GT選手権が日本でも開催されるかも知れないそうだ。
もし本当ならば、見に行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/14

全日本GT選手権(41)

gaikokuya.jpg
フィールズ外国屋アドバンポルシェ。その出走についてはネット上で色々な意見があるが、とりあえず今回は大きなトラブルはなかったようだ。先日、池袋の模型店に行ったところ、このフィールズ外国屋アドバンポルシェのミニカーが売っていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/12

全日本GT選手権(40)

supra2.jpg
スープラのチューニングカーによるデモ走行。この画像は、菅生の時に撮影したもの。派手なドリフト走行をして楽しませてくれた。今回は雨のためにデモ走行はなかったが、織戸選手は決勝で激しくスピンした。
ところで世の中はF1GPで盛り上がったが、私のところは関係ない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/11

全日本GT選手権(39)

supra.jpg
展示車両のスープラ。運転席のドアには織戸選手の名前が入っている。昼のチューニングカーのデモ走行で織戸選手が運転して走る予定だったのだろうが、今回は天候のため中止となった。この車両が昨日放送された「激走!GT」に出てきて、織戸選手と脇阪寿一選手が運転してドリフト走行をした。放送によると、600馬力にチューンされているとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/10

全日本GT選手権(38)

woodone-thumb.jpg
もてぎでは5位だった TOYOTA TEAM TOM'Sの WOODONE トムススープラ 。トヨタ乗りとしてトムスにはもうちょっと上位に食い込んで欲しいが、毎戦ポイントを獲得しているのは安定している証拠かも知れない。第5戦終了時のポイントランキングでもトムスは7位と10位といった位置だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/07

湾岸ミッドナイト INDEX

wangan.jpg
表題の本を買った。この漫画は連載当初から読んでいるのだが、まさかこれほど続く作品になるとは思わなかった。登場人物の多くが廃人人生で、高校は留年する、会社は潰れる、妻と子どもは実家に帰ってしまうと車にのめり込んだ代償がリアルに描かれている。お金に苦労せずに峠を攻めている漫画とはかなり違うのだが、こちらの方が共感出来る。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/10/05

全日本GT選手権(37)

official2.jpg
何人かの友人には、 「全日本GT選手権(30)」の「はたらくくるま」が受けた。せっかくだから働いている様子を掲載する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/04

MuVo^2 FM 5.0GB

muvo.jpg
CREATIVEのMP3プレーヤー MuVo^2 FM 5.0GBを買った。せっかくだからカーナビに接続してみたところ、かなり音は良かった。HDDナビのMP3プレーヤーを使うよりも、自宅のパソコンでプレイリストを編集して接続した方が便利だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/03

全日本GT選手権(36)

safety.jpg
ツインリンクもてぎのセーフティ・カー。ホンダのお膝元なのでNSXである。リッチだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/02

全日本GT選手権(35)

jloc2.jpg
同じくランボルギーニ・ディアブロのコクピット。なかなか気合が入った出来である。この手のスポーツカーは、リアの視界が極端に悪いという特徴があった。しかしTV番組「激走! GT」を見ると、全日本GT選手権の車両の多くがカーナビに使うリアカメラで常時後方を表示しているようだ。このディアブロにもリアカメラが付いていた。これがカーナビに連動してバック時に映像を表示するものなのか、常時表示するものなのかは残念ながらわからなかった。
ちなみに私のRAV4では、バック時にリアカメラの映像を表示する設定になっている。
将来的に後方視界の悪い車を購入した際には、カーナビとは別にモニタをつけて、後方視界を常時表示するようにしてみたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »